2018年度の不動産、建設会社、建設用資材会社のトップ信頼の10社

2018年3月13日、ベトナム評価報告株式会社(VIETNAM REPORTという)2018年度の不動産投資家、建設請負業社及び建設用資材会社のトップ信頼の10社のリストについて発表した。

この結果はVIETNAM REPORTが独自で調べたものであり、科学的かつ客観的な原則によって作成された。各会社の信頼性の評価は金融要素からの影響、メディア上の会社情報ついて調査した結果及びエキパーストの評価で実施される。それは詳細的に言えば、⑴最近のファイナンスレポートから見える金融能力(全ての財産、総売り上げ、税引き後利益、資本金使用効果など)であり、⑵影響を与えるメディア上会社のニュースの暗号化であるMEDIA CODING方法で評価されるメディア上の信頼であり、⑶同業に活動しているエキパーストの調査またハノイ市、ホーチミン市に住んでいる住民を不動産の各商品、サービスそれとも請負業者が使うメーカー、建設資材生産販売社についての満足度の調査である。

その他、2017年〜2018年に於いて活動状況、プロジェクト数量、プロジェクト展開進捗状況について企業の調査も追加要素として不動産での企業位置確認に使われる。

第1目リスト:

2018年度不動産投資家のトップ信頼の10社– Top 10 Most Reputable Property Developers 2018


写真1:2018年度不動産投資家のトップ信頼の10社をランキングするようのポイント


第2目リスト:

2018年度建設請負業社のトップ信頼の10社– Top 10 Most Reputable Building Contractors 2018


写真2:2018年度建設請負業社のトップ信頼の10社をランキングするようのポイント


ベトナムの現在請負業社では有名な会社であるCOTECCONS及び HOA BINH CORPは経験が長く、信頼性が高く、責任が負うというイメージを付けられている。これは調査に参加するエキパーストにトップの会社として評価された。

第3目リスト:

2018年度建設資材会社のトップ信頼の10社–Top 10 Most Reputable Building Material Companies 2018


写真3:2018年度建設資材会社のトップ信頼の10社をランキングするようのポイント


HOA PHATスチール及び VIGLACERAは建設資材業界において活動歴史が長く、規模も大きい会社である。ベトナム国全体にわたって様々な商品及び工事の出来上がりに完全の一つ部分である。これらも調査に参加する50%以上のお客様に伺うと頭に始めに出てくるメーカーである。

ネットの急激発展スピード及び大幅拡大規模 につれて、今現在、メディア上通信は企業の経営戦略において新しい先端として認められ、それでは企業が効果的に信頼及びイメージを成立できる。ベトナム経済新聞、投資新聞、サイゴン経済新聞、CAFEFなど影響まで与えられる新聞、メディア及び不動産、建築資材関係のサイト(Cafeland, batdongsan.com.vn, vatlieuxaydung.org.vn…)において2017年1月から2018年1月までVIET NAM REPORTが作成された通信暗号化データによって各企業は最も課題になってくるトップ10テーマにおいて通信活動及び記事記載をより強化している。そのテーマはプロジェクト・商品品質、ファイナンス・経営結果、証券、イメージ・PR、投資、経営戦略・M&A、お客様・お客様との関係、発展用研究(R&D)、市場上位置、値段になる。

写真4:メディア上10テーマ(総数24に乗せる企業(単位:テーマ数)

ソース:VIET NAM REPORT、2017年1月〜2018年1月までのMEDIA CODING DATA

将来は産業革命4.0成果でベトナムが世界統合の際、企業の信用がその企業の自信を作り出し、公衆への信頼を成立するのに大事な役割を果たす。

信頼性が高いトップ10社ランキング以外、 VIET NAM REPORTも2018年〜2019年にかけて不動産、建築、建築資材においての伸び率について各企業に対し調査を行った。その調査結果によると、各企業は今後の経営投資活動に対し楽観的に見られた。

2017年度は不動産が急激成長

2017年に不動産は様々なレベルに於いて積極的の変化でこれまでより最も賑やかになってきた。ハノイ市及びホーチミン市だけでは本年に取引が64.263件まで実施でき、マーケット吸収率が平均として79%達成した。その上、CONDONTEL、 OFFICETEL、 HOMETELなどの商品は急増し、市場の人気が急激に広がってくる。2017年11月末までの実績から見ると、在庫数は2016年に比べ17%下がり、25兆7000億ドン達した。

2017年度の市場サポートベースは過去期間において好調な経営結果について言うわけである。詳細はVIET NAM REPORT調査結果によると、不動産、建築、建設資材の企業は2016年度平均の売り上げ及び税引き後利益が印象付けほど伸びた。特に、2016年において不動産投資家のグループは売り上げが平均に1兆2050億ドンに達し、2015年比較で2倍になり、利益が1160億ドンに達し、前年に比べ 1.5倍上がった。

写真5:不動産、建築、建設資材の企業は2016年度平均の売り上げ及び税引き後利益(単位:100万ドン)

ソース:VIET NAM REPORT、2016年度不動産、建築、建設資材の企業データ

2017年において、不動産全体市場は目立ついくつかの事があった。まず、CONDONTEL、 OFFICETEL、 HOMETELの市場は賑やかで、市場へ新しく様々な商品を紹介する事によって機械またチャレンジが作り出された。2番目では、コストが低・中のレベルであるアパートはハノイ市とホーチミン市の2つの大都市において特別に急増した。これは収入が中レベルである人々に対し家を所有できる事になりながら、都市管理上では建設密度過剰及びインフラへの圧力向上などの問題に直面している。3番目では2011年〜2013年において一旦中止された各プロジェクトはまた展開開始されている。4番目では100%新規ではないポイントだけど、2017年に刺激促進されるのは経済的の3つの場所においての不動産市場になった。特別経済行政単位法への意見及び便利な政策制度提案によって経済的の3つの場所においての不動産市場は特にPHU QUOC県においてこの数年間に全体に良い変化が見られた。

調査にあったて、VIET NAM REPORTと一緒に参加した各企業及びエキパーストは2017年がベトナムの不動産に様々な成果が次の要素により出てきた年であると確定した。まずは伸び率が高い経済、低いインフレ、良好な予算収入、安定した輸出入などで前提として市場が賑やかに動いている。2番目では信用政策はまだ緩和の水準までにならないが、緊縮されていない。利息を下がるよう調整され、36通達(改訂版)を実施している2018年1月1日からのように信用政策がまだ厳しくならない。その通達の内容はリスク防止のため250%アップし、2017年にまだ実施完了してない短期的資金から長期的資金への変更が40%で行われた。3番目では不動産市場とともに動いている証券市場が急増した。4番目ではCONDOTEL、 OFFICETEL、 HOMETEL、 TIMESHAREの不動産関係ファイナンスツールが設定され、不動産の市場にキャッシュフローも出てきた。購入方法、新規商品と共に、市場はこの分野への良いキャッシュフローを引き付ける勢いを作り出した。5番目は経済のサイクルの一つの特徴になる。1、2、3の数字が一番最後に出てくる年なら衰退し、4、5の数字であれば、回復になり、 6、7の数字が出てくると成長になる。不動産市場はそのサイクルを避けられないし、10年間ごとに4サイクルが分けられ、 6、7の数字が最後に出てくる年は通常に成長の最上に達する。2017年はその成長サイクルに入ってきた。6番目は特別経済的な場所が開かれ、その場所において新しい競争ができ、不動産の活動を活性化する。それで、大規模な投資金額を誘致し、発展しているインフラによって前提として特別経済的な場所において不動産の市場を“肥えている場所”に変化される。

しかし、限られた面を客観的に見れば、各専門家は次の要因により市場の成長が差支えられる。まずは、年間を通しての公共投資の流れにも支出が困難である。2番目、国家は 国家企業から資本金を引き続き引き出す。これは2面で影響を与える。国家が不動産に投資しない事は当たり前だが、国家企業から資本きを引き出すと、その販売になっている財産を購入するお金があり、不動産の市場への投資資源が分けられる事に繋がる。3番目、2017年にその他に新しい経営チャンスも出てきて、資本金の競争になってきた。4番目、国家の政策は要求に対応できない。例えば、CONDOTEL、 OFFICETELへの対策はまだプロになってないし、国家がこの分野を促進するか制限するか一切応答してない。

その上、VIET NAM REPORTの調査によると、各企業に現時点の困難は次の3つの要素でなったと認められた。それは資材の仕入れ値段(58,1%)、規定・政策・法律文章(58,1%)及び同業界に於けるライバルの成長率(45,2%)になった。

写真6:今現在不動産、建築、建設資材の各企業は一番の困難(単位:%)

ソース:VIET NAM REPORT、2018年1月の不動産、建築、建設資材の各企業の調査

2018年〜2019年の不動産市場方向:3つのチャンス、4つのチャレンジ及び5つの方向

VIET NAM REPORTの企業及び専門家の調査結果により、2018年度の不動産市場では基本的に中間に於ける安定的要素がキープされている。機会及びチャレンジは順番に出てきて、市場の方向が生み出された。

3つのチャンスは好調な経済成長、国内企業が益々発展している事及びCPTTP協定で海外から国内へ外貨誘致を促進する事それとも特別経済的な場所においての市場が段々広がってくる事である。

4つのチャレンジは以下のようになる。地域のマクロ経済特に東海では不安定的な問題が起こると不動産の市場もすぐ良くなくなる。また、国家が資本金をより良く引き出す可能性があるので、資金の競争も厳しくなる。キャッシュフロー特に電子キャッシュフローは市場関係無しの要素でも良く影響を与える。CONDOTEL、 OFFICETEL、 HOMETELは新規の商品であり、明確的な政策もまだ設定されてないので、投資際にリスクも出てくる。

5つの方向は以下のようになる。主なのは M&Aであり、一旦中止されている各プロジェクト及び失敗した投資家はまた開発に戻る。 特別経済的な場所は引き続き成長し、期待ほどの場所になり、不動産の大投資家を誘致する。CONDOTEL、 OFFICETEL、 HOMETELは“終わる前”までに残りの領域に動き、HAI PHONG県、 VUNG TAU県などの領域に拡大する可能性がある。低コスとのアパート関係の問題は解決できると、参加したい人が多くなるが、期待に応答できるかどうか大事である。新しい市場がより強いので、伝統的な市場が狭くなり、値段が30億ドンであるアパートなどの伝統的な市場の機会はもうすぐ終わるかもしれない。

写真7:2018年〜2019年の不動産市場方向

信頼は重大な問題

今後不動産、建築、建設資材は4.0技術と同時に動いている。VIET NAM REPORTの調査によると、伝統的な口頭マーケティングの以外、ネットで不動産情報をより調べている。50%以上のお客様は聞かれる際、ネット、ネット上フォーラム及び社会的ネットを使い、不動産の情報を検索すると答えた。ベトナムの各企業は4.0技術との衝突によってこの企業の経営生産活動を変更しつつある。今までより多目的かつ現代的なものになり、以前は企業が一つの分野だけ開発しているが、今現在、現代的な設備、技術及び高度的人材のサポートそれともこの数年間に出てきたD&Bモデル(設計及び工事実施)の登場で各企業が 儲けるように他の分野にもより投資し開発できる。

お客様の要求が高ければ高いほど、市場で公開される情報はますます透明性とタイムリーなものになってくる。投資家及び請負業社は各プロジェクトと建設工事の安定性について最も関心している。色々な専門家により2017年において商品の品質が段々良い傾向に高まり、投資家、請負業社、技術、建設設備の品質また実施者の熱心も良く見られる。国内また海外にも発生する競争圧力で今後実績が低い企業がそろそろ取り消される。市場に安定に残るために、各投資家は本当の能力を証明する必要であり、建設請負業社も常に品質の改善をし、各プロジェクト及び建設工事にプロなやり方を強化しなければならいない。

VIET NAM REPORTのお客様から、メディア上企業の信頼は不動産、建築、建設資材企業の商品、サービスを選ぶ3つの理由の中に一つのものになっている。その中に決定の2つの理由は企業が様々なお客様に対しそれぞれ対応する商品を常に研究し開発する事( 70%)であり、企業の経営活動について高評価が出てくる事(67,5%)になる。企業の立場から見ると、工事の品質、金融能力及び長期的ビジョンは企業が現位置の維持と信頼性の向上の目的として大事だと評価する3つの目標になる。

写真8:企業の戦略及び信頼性の向上への各要素の影響度について同じ業界に活動している各企業の評価(単位:%)

ソース:VIET NAM REPORT、2018年1月の不動産、建築、建設資材の企業の調査

ソース:VIET NAM REPORT、2018年1月の不動産、建築、建設資材の企業の調査

2018年4月18日にハノイ市の国家会議センターに於いてベトナム評価調査株式会社(VIET NAM REPORT)及びVIETNAMNETは共催する2018年度不動産、建築、建設資材のトップの信頼10社リストの発表式。

発表式に当たって、成長・繁栄のベトナム企業フォラーム及び2018年〜2019年における不動産市場成立者からの声は市場上信頼性の高い不動産の企業が多く集める特別な機会であり、プロな投資家及び専門家が今現在の困難、チャレンジそれとも市場の新規発展方向について情報も共有する。
2018年度不動産、建築、建設資材のトップの信頼10社リストはVIET NAM REPORTが独自で客観的に研究された結果であり、2016年から毎年に発表される。この研究は2012年からVIET NAM REPORT 及びその他のパトーナーは利用されているMEDIA CODING(メディア上情報暗号化)の方法また銀行、保険、証券、薬品、食品、飲料、小売販売 などの成長性の高い重要産業を徹底的に調べる事によって行われている。

公衆及び社会への影響についてのAGENDA SETTINGセオリーに基づきMaxwell McCombs 教授及びDonald L. Shaw教授が1968年に発表された企業信頼評価のためのメディア研究・分析方法はVIET NAM REPORT 及びその他のパトーナーは実現し適用している。それにつれて、VIET NAM REPORTはBRANCH CODING方法(メディア上企業のイメージ評価)を使い、ベトナムに於いて不動産、建築、建設資材の企業の信頼性を分析する。

VIET NAM REPORTは6つの新聞及び影響まで与えられるほどのサイトに2017年1月から2018年1月までに載せていた企業の記事を暗号化(CODING)している。全ては2251記事であり、相当で4811の CODING UNIT (暗号化の単位)で商品からして経営結果、市場までの企業の24の活動面についてストーリレベルによって評価される。暗号化にするための情報は2つの基本原則に基づき選択される。それは企業名称が記事の表題にすぐ出てくる事また企業の情報が記事において最短で5行まで乗せる事である。それは分析価値のある情報だと評価される際に認知限界と言える。各情報は次のレベルのように判断する。0は中立、1は積極的、2はかなり積極的、3ははっきりしてない、4はかなり良くない、5は良くないという事である。但し、再統計になると、研究グループは評価のため、最終の3つレベルを出した。それは中立(0と3)、積極的の事(1と2)及び良くない事(4と5)になった。

報告においての認定は企業及びパトーナーに対し参考なものになり、個人的な認定ではなく、具体的な投資家の目的と重要に対応してない。それで、投資決定向けに関連者は上記の情報をしかっり念慮し、利用の際に責任しなければならない。

Vietnam Report